投稿

SB'17 「War SB〜参加型観劇〜」

-観客ゼロ。演出・演技の試し合い-
SB'17 「 War SB〜参加型観劇〜」
開催日:2017年6月25日(日)9〜21時

「 War SB〜参加型観劇〜」??
SBが開催するプロ・アマ問わない演劇イベントです。同じ台本を参加チーム毎に披露しあいます。演劇に携わる人達、またはそうなりたい人達のみを対象にした「参加=観劇」のプログラムをお楽しみください。(主に演出と役者が対象となりますが、初めての方でもぜひ挑戦してください)

ガイドラインはこちら>>SBWARガイドライン
応募フォームはこちら>>「SB'17」チーム登録
 <目的>
一つの台本を演出と役者を変えていくことで何が変わるのかを実感しながら、演出としての力試しや役者としてのスタイル研究の場としたい。

<内容>
男女2人芝居(全員同台本)を参加チームで作り上げて、参加者前で披露します。実験的に参加者1人一票の投票による「お気に入りチームコンテスト」を行います(得票最多チームに主催者側から金一封)>>SBWARガイドライン(11)

<台本>
「土砂降りのパ・ド・ドゥ」(30分)
http://www.yokanbeya.net/~hpadmin/padodou_.pdf
(転送可/脚色の際に著者への許可は不要/参加申込者にはwordファイルを提供)

<参加(観劇)条件>
・1チーム(3名=演出1名+役者2名)による応募参加が必要
・参加費は一名1,000円(大学生高校生は一名500円)
・高校生以下は、保護者による送迎と内容・趣旨の承諾書にサインが必要
SBWARガイドライン(14)内の承諾書をお持ちください)


観劇のみを希望は出来ませんのでご理解願います。
特別な観劇条件>>SBWARガイドライン(3)(13)
<開催日程・概要>
2017年3月28日(火)12時〜第一次募集開始※1
2017年4月29日(土)までに開催情報をチーム代表者へ
2017年6月24日(土)予備日候補1/9〜21時(稽古※2)2017年6月25日(日)9〜20時(参加者全員によるお披露目※3)
2017年7月1日(土)予備日候補2/参加者による打ち上げ懇親会※4

※1.一次募集で予定チーム数を満たした場合に募集は終了と致しますが、企画枠組みの変更等があった場合に二次募集をする可能性があります。
※2.遠方から参加する方…

「"努力"も"興味"も苦手」の無気力人間だから、

イメージ
SB'15に続き今回も参加募集に応えたメンバーの一人「ゆたかあすか」


FM栃木RADIO BERRYでリポーター(元)として活躍、

企業CMのナレーションを務めるなどの実績の持ち主。

優しく首をくすぐるような彼女の洗練された声は、一度耳にすれば忘れないでしょう。

「稽古の30分前、1時間前、2時間前、どんなに早く行っても あすかには勝てないんだわ・・・しかも掃除してるし。(演出)」

 1分の遅刻も許さない24時間活動人間の演出にあっさり白旗を出させてしまう彼女。 でも、改めて伺ってみると意外な言葉のオンパレード。


「努力することはおろか、何かに興味を持つことすら苦手。今風の話題は一切ついていけないし、そんなことを指摘されたりするだけで、人間的なダメさを感じてしまったり、自分が小さくなっていくのを感じます。」

―そういう「世間に合わせていくこと」がいやでいやで、辛くなる前に、苦しくなる前に、諦める、遠ざかることが多々あるそうです。


「外面は良いですが、とんでもない無気力人間です。色々なことから遠ざかり始めて、もう世間なんてどうでもよくて、猫と画材とマンガと親だけいればいいやって過ごしていました。」

でも、年を重ねるほど、社会に出れば出るほど、そんな自分のカタチがダサくてイタくて。


―自由で居たい、でも自由が痛い―


「演劇って、そんなイタイダサイ私にも役割をくれるんです。でも、やはりそこにも越えられなくて辛くて苦しい壁や重りや石ころはあるんです。

結局、どこへ行こうが逃げようが、自分というハードルが待っているんですよね。」



「今は単純に、それ以上に大切にしたいことが増えたんです。

だから、ただただ末永く、板の上に立っていられるように、努力や興味とやらを、やっと真似てみようかと思えるようになったんです。」


――

2016年3月、宇都宮市で開催された「うつのみや春の演劇フェスティバル」
彼女が主宰となる劇団シンの箱「無声劇 ピエロ」、パントマイムと音楽のみで紡いだ30分間は見事にお客さんを魅了させました。
台詞無し。役者のパフォーマンスだけで物語の表現を実現するにあたり、作曲・振付・ダンス・アクションを、サウンドクリエイターのJessicaと振付の神野美由紀さん(☆Brillante☆)俳優の田辺将さん(劇団俳小)と女優・リポーターのMiLiさんと"共闘…

SB’16 オリジナルテーマソング「消えない虹」「スターダスト」/影王子二世

イメージ
SB’16 舞台『 row hee 』のオリジナルテーマソング、

「消えない虹」と「スターダスト」を提供してくれたのは、

"影王子二世"

----

"夜の住人"という ナイトウォーカーズ(夜行性動物の群れ)から生まれた音楽ユニット。

この曲は、1998年より開催されている大型音楽イベント「M3」(東京流通センター)に

出品予定とのこと>>音系・メディアミックス同人即売会 M3-2016秋/2016年10月30日(日) 11:00~15:30

----



ジャケット絵は、ドゥードゥルアーティスト umi.doodle(うみ)

個展の前に展示会、展示会の前に出版、多忙な日々を送る若手画家であり、

SB’15、SB’16では舞台美術を担当。16では役者も兼ね、"表現家"への道を突き進む。

■影王子二世■
シングル『消えない虹』1.消えない虹2.スターダスト
定価 1000円M3販売価格 800円

2016年10月1日チケット販売開始!

SB'16 舞台『 row hee 』

主演・大島朋恵(りくろあれ 主宰)他
最年少は、荻澤綾香(劇団ネクスト・ステージ)

ー森の中、木霊達がささやく!ーhttps://t.co/HdhLdR2FV4 — SUGAR BABY (@sugar_theater) 2016年8月3日

SB'16 舞台 row hee

SB'16 舞台 row hee >>


<CAST>

主演:大島朋恵(りくろあれ


出演:

杉山幸子(劇団らくりん座)/キッソス役として

ハナ/マリ役として

安良岡健(劇団バッカス)/牧師役として

ゆたかあすか(劇団シンの箱)/ヘラン役として(3日夜・4日夜)

藤田 真利奈 /ヘラン役として(3日昼・4日昼)

恩田純也(劇団アルゴリズム)/ペロー役として

umi. /トラル役として(3日昼・4日夜)

町田彩香 /トラル役として(3日夜・4日昼)

荻澤綾香(劇団ネクスト・ステージ)/ユース役として


<STAFF>

舞台美術:umi.doodle

照明:RON(Unique Rabbits代表、It's secret!)

音響:Sound Designer Jessica

音響補助:野坂亜沙美(劇団ネクスト・ステージ)

衣装:りくろあれ

衣装製作:@おんなのこ。

小道具:高橋真

舞台監督:羽石諭

脚本・演出:佐藤勝美(It's secret!)

<♫オリジナルテーマソング>

テーマソング「消えない虹」エンディング「スターダスト」/影王子二世

ベットの上にいつでも答えが置いてある【記事】

イメージ
東京、茨城、栃木県とあちこちでキャストして活動している藤田真利奈(ふじたまりな)さんの紹介です。
こんにちは、SB’16制作チームです。メンバー達の紹介第四弾となります。みんな、個性もあって舞台上の彼らの紹介をしたいのも山々なんですが、まさに舞台裏、私生活も頑張っていたりします。舞台上では一切見せることが出来ない、彼らの考え方や生活を簡単に。





藤田さん・・・なんと裏の顔は看護師でした!!(衝撃/制作チーム)



看護師は命を診る職業、大変なことや辛いことはたくさんあるようです。命や人生に影響が大きい仕事に就く方々の責任感の強さは、記事担当の私もことあるとごとに感じます。一般の仕事とは少し意味合いが違うのかもしれませんね。

「患者さんやご家族の方が笑ってくれたりした時に、看護の面白さを感じます。」


自分の立てた看護計画で患者さんが最後までその人らしい生活が送れるように日々考え、周囲とバトンタッチしながら患者さんにあたる。患者さんの元気な顔は、やはり看護師の方たちは皆喜ぶようです。ドラマよりももっと重くて静かな優しい一面が、リアルにはあるんですね。


「空一つに感激できることに気が付かされます。」


仕事柄、死やそれに直面した家族と向き合っていかないとならず、患者さんの人生を通して自分の人生を見つめなおす機会が大変多いそうです。

"患者さんに「今日の空は綺麗ね」と言われ一緒に眺める空はとても綺麗です。日々の変化を心と体で感じて、いつ何があっても後悔しないように、やりたいことに全力で向き合っています。死ぬまでには、辛いことや悲しいことはたくさんあると思います。でも、それ以上に楽しい事や幸せは見えていないだけでたくさん転がっているんだなぁと気づかされます。"
仕事うんたらというより、ベットの上にいつでも答えが置いてある、そんな貴重な場所なのでしょうか。


"感情の切り替えは気をつけていて、それぞれの感情は、他に持ち込まないようにしています。息をしていることを感謝出来てないと、次にも進めないし、周りにも迷惑をかけてしまうので、仕事で辛い事があっても、プライベートは全力で楽しみます。"
「よーしゃあドライブいくぞ~」


休みの日は車で色んな所に出掛けているとのこと。ハイテンションな看護婦でお芝居やっている人がいたら、声を掛けてみてください。その人は…

ー優美な月映える夜の町、完全オリジナル曲に生ピアノを添える、カフェでの演舞ー【記事】

イメージ
独特な世界観を有する"りくろあれ"が、県内・県外の有志と共に ハイパフォーマンスに挑戦します。

SB'16 主演となる大島朋恵率いる"りくろあれ"の公演日がいよいよとなりました。

題名は『-Po. noc.-

4回目となる"りくろあれ"の興行。初の全曲書き下ろし楽曲で"音楽劇"を披露する予定。今回は、その爆心地である大島朋恵に "りくろあれのあれやこれや"を聞いてみました。



造形作品に着想を得た作品

日本一クレイジーな骨董店「アウトローブラザーズ」を営みながら、古物を操り様々なオブジェを制作する錬金術師・マンタムさんの作品に閃きを感じて、今回の物語を作ったとのこと。



総勢20名による心揺さぶるダークメルヘン

大島朋恵さん自身が出演したい作品をつくる目的のカンパニー"りくろあれ"。しかし、今回は当人は出演をせず、総括に専念することにしたそうです。
「なんとしてもまとめきる。そして、私が出演したい作品ではなく、私が出演したかったと泣いて後悔するような作品に仕上げたいんです。総勢20名の座組による、心揺さぶるダークメルヘンをお届けします。」



"これは、もう大島と大島の戦いでもあるのです。"
プレイヤーが全面プロデュースやディレクターに回るのは極めて大変。本来なら自身で奏でる音を、全く違う奏者である参加者とともに、何段階もアップした音の変革に導かないとならない。これは、彼女自身が選んだ作品という分身創りであり、同時に、全く別な世界を自身で開拓していく表現者としての戦いでもあります。



有名人が撮影等に使用するカフェ・悠日の魅力と、

悠日カフェは、高い天井の、あたたかな薄暗さが素敵な文化施設。普段は音楽のライブや朗読の催し物が多く、施設の魅力から有名歌手のPV撮影等にも利用されています。




SB'16では主演を予定している大島朋恵さん。小さいながらも、県内県外を飛び回る彼女のパワーに周囲は圧倒される。-Po. noc.- では脚本 演出 振付 などなど、持ち前のバイタリティで総括を務めている。本番当日は画家のumi.doodleの絵が描かれた限定Tシャツも販売されているとのこと。


"悠日カフェ"と"りく…

一事が万事。【記事】

イメージ
---本番までの間、制作チームによるメンバー取材記事を発信しています----

「絵を描くために、絵だけ描いてりゃいいかというとそうではないと思うのだな…」


学生時代、「お芝居やってるからこういう作品になるんだろうね」

と言われることが多かったです。



絵描きの感性が芝居で活きる瞬間があると思うし、

芝居で得た感性が絵に生かせることもあるし、


細かい絵を描いてるから爪っていう狭いキャンバスに抵抗がないし、

指先に意識を向ける感覚は芝居でも大切だと思うし

関係ないと思って分けてやってきたことが、つながる瞬間が必ずある


全部が繋がった時に、わたしは完成する。

今は、その途中(笑)


---------------今回、舞台美術とキャストを担当する、umi.doodle さんへの取材回答でした。


「サササーって音が聞こえてくるんです。彼女が絵を描いている時に。本当なんです。すげえ速さで、すげえ細かい絵が出来ていくんです(恐怖)」(制作チーム)

umi.doodle(うみ)>> wikipedia:https://ja.wikipedia.org/wiki/Umi. 宇都宮、群馬の企業や職人さんとコラボレーション作品を制作・販売している。  8月、自身の画集「umi.'s flora and fauna GUIDE」が発刊されたばかり。  (栃木県内では21か所の書店と、大手書籍販売サイトAmazonで販売中) 10月には都内(銀座)の画廊で個展を開催する。  umi.さんの今後の予定はこちら>>https://doodle-umi.blogspot.jp/p/schedule.html

【癒しの落描き作家】ドゥードル アーティスト"umi.doodle" NAVERまとめ

"チラシの絵を描かせてもらいました「-Po noc.-」の裏話"



/筆:SB制作チーム



2016年10月1日チケット販売開始!

SB'16 舞台『 row hee 』

主演・大島朋恵(りくろあれ 主宰)他
最年少は、荻澤綾香(劇団ネクスト・ステージ)

ー森の中、木霊達がささやく!ーhttps://t.co/HdhLdR2FV4 — SUGAR BABY (@sugar_theater) 2016年8月3日