ー優美な月映える夜の町、完全オリジナル曲に生ピアノを添える、カフェでの演舞ー【記事】

独特な世界観を有する"りくろあれ"が、県内・県外の有志と共に ハイパフォーマンスに挑戦します。



SB'16 主演となる大島朋恵率いる"りくろあれ"の公演日がいよいよとなりました。

題名は『-Po. noc.-

4回目となる"りくろあれ"の興行。初の全曲書き下ろし楽曲で"音楽劇"を披露する予定。今回は、その爆心地である大島朋恵に "りくろあれのあれやこれや"を聞いてみました。

大島朋恵(おおしまともえ)


造形作品に着想を得た作品

日本一クレイジーな骨董店「アウトローブラザーズ」を営みながら、古物を操り様々なオブジェを制作する錬金術師・マンタムさんの作品に閃きを感じて、今回の物語を作ったとのこと。



総勢20名による心揺さぶるダークメルヘン

大島朋恵さん自身が出演したい作品をつくる目的のカンパニー"りくろあれ"。しかし、今回は当人は出演をせず、総括に専念することにしたそうです。
「なんとしてもまとめきる。そして、私が出演したい作品ではなく、私が出演したかったと泣いて後悔するような作品に仕上げたいんです。総勢20名の座組による、心揺さぶるダークメルヘンをお届けします。」

photo:RON


"これは、もう大島と大島の戦いでもあるのです。"
プレイヤーが全面プロデュースやディレクターに回るのは極めて大変。本来なら自身で奏でる音を、全く違う奏者である参加者とともに、何段階もアップした音の変革に導かないとならない。これは、彼女自身が選んだ作品という分身創りであり、同時に、全く別な世界を自身で開拓していく表現者としての戦いでもあります。

引用元:AIKO PV 


有名人が撮影等に使用するカフェ・悠日の魅力と、

悠日カフェは、高い天井の、あたたかな薄暗さが素敵な文化施設。普段は音楽のライブや朗読の催し物が多く、施設の魅力から有名歌手のPV撮影等にも利用されています。


絵:umi.doodle


SB'16では主演を予定している大島朋恵さん。小さいながらも、県内県外を飛び回る彼女のパワーに周囲は圧倒される。-Po. noc.- では脚本 演出 振付 などなど、持ち前のバイタリティで総括を務めている。本番当日は画家のumi.doodleの絵が描かれた限定Tシャツも販売されているとのこと。


"悠日カフェ"と"りくろあれ"。
同時に楽しめる週末が、ここに。

チケットお問合せ・詳細 ---->http://ooshimatomoe.net/ooor.aooo/r-a-01_04-po-noc


/筆:SB制作チーム



コメント

このブログの人気の投稿

SB'17 「War SB〜参加型観劇〜」

単純に、人と繋がっていくのが楽しい。【記事】

テスト投稿。。。